カジノカフェ

過去に摘発されている事例などでは、カジノカフェに未成年が入り込んでいることがあり、未成年ですら勝手にギャンブルができるような無法地帯になっているのです。これは勧誘している人が年齢にかかわらず行っていること、そしてカジノカフェというのは未成年でもできるギャンブルだと誘い込んでいる面があります。

摘発されている時に客としていたケースがある

2006年にオンラインカジノを利用しているカジノカフェが大規模摘発されることになり、全国規模で摘発が相次いでいました。特に大阪については、有名なところがどんどん摘発されるようになってしまい、大きなところもどんどん無くなっていきました。この時に未成年の高校生が賭け事をしていたことも分かっており、当然のことですが単純賭博という罪で逮捕されています。
オンラインカジノを利用することは、年齢制限が用意されています。この制限を超えていないとそもそも登録をすることができない、アカウントを作っても出金することができないようになっていますが、カジノカフェの場合はこの例に該当することがありません。プレイすることは普通にできてしまうのです。

未成年ができるから問題になる

通常の方法に比べると、カジノカフェというのは問題が非常に多いです。インターネットカフェとして運営しているところが多いため、未成年でも入りやすいように作られていること、未成年でもギャンブルに触れる機会が出てしまうことも要因になっています。そのため問題となるケースが多々あることを知っていなければなりません。
過去に摘発されている事例で、普通に未成年が逮捕されていることは、カジノカフェはお金を持っている人なら誰でもいいと考えている面を持ちます。賭け事ができるようなユーザーであれば誰でも入ってもいい、年齢に関わらず使ってくれる人はいい人と判断されている部分さえあるのです。

20才未満

大きな波紋を呼んだ逮捕

未成年が逮捕されたことは、最終的に大きな問題となりますし、波紋も広がりました。それ以降年齢制限を厳しくしていたのか、オンラインカジノをプレイして単純賭博で逮捕されている中には未成年は入っていません。ただ運営側の従業員として逮捕されている未成年はいました。
こうした逮捕によって、ギャンブル自体の危うい状態が生まれてしまったため、より厳しく見るようにしていることが現在でも進められて、ギャンブル行為に該当するものはチェックも厳しくしています。